読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中性脂肪を下げるために具体的に何を食べるといいの?食生活の基本は「オサカナスキヤネ」

中性脂肪 食生活

中性脂肪を減らすためには、具体的に何を食べればいいのでしょうか。

合言葉 「オサカナスキヤネ」 で覚えましょう。

オ(お茶)

緑茶に含まれるカテキンという成分は、ポリフェノールの一種で、中性脂肪やLDLコレステロールを減らす働きがあります。

さらにこのカテキンは、食事と一緒に摂取すると脂肪の吸収を穏やかにしてくれる効果があるそうです。

 

サ(魚)

青魚に含まれる不飽和脂肪酸が中性脂肪とLDL(悪玉)コレステロールを減らす働きがあります。不飽和脂肪酸にはおもにEPAとDHAがあります。

食べ方としては、生のお刺身がおすすめです。EPAやDHAは熱に弱いので、調理すると成分が壊れてしまいます。

また、魚を料理するのが面倒、食べる機会があまりないという方は、サプリメントでお手軽に摂取してみてはいかがでしょうか。

EPA・DHAを手軽に摂取しよう!血中中性脂肪の上昇を抑えるサプリメント、ネイチャーメイドスーパーフィッシュオイル

 

カ(海藻類)

海藻はミネラルや食物繊維がたっぷり含まれています。また、低カロリーなので積極的に取り入れたい食材です。

 

ナ(納豆、大豆製品)

納豆の成分であるナットウキナーゼが血液をサラサラにする効果があります。

 

ス(酢)

酸味のもとクエン酸に疲労回復効果があります。抗酸化作用が強いので、LDL(悪玉)コレステロールの酸化を防いでくれます。

 

キ(きのこ類)

きのこには糖質や脂質の代謝を促進させる効果があります。また、グルカンという成分にはコレステロール値や血糖値を下げる働きがあります。低カロリーで食物繊維を多く含む優秀な食材です。

 

ヤ(野菜)

食物繊維やビタミンが豊富です。

 

ネ(ねぎ類)

ネギに含まれる硫化アリルという成分が、LDL(悪玉)コレステロールの酸化を防いでくれます。