血糖値が上がると脂肪が増える!血糖値を上げにくくするためには?

f:id:lechatcapricieux:20160904153239j:plain

血糖値が上がるしくみ

食べ物を食べる → 血糖値が急激に上がる → インスリンが大量分泌 → 脂肪がたまるというしくみになっています。

血糖値が上昇すると、脂肪もたまりやすくなるのです。なので、血糖値を上げないようにしなければなりません。この血糖値が上がりにくくするためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

GI値の低い食品を摂る

GI値とは?

GI値(グリセミック・インデックス)とは、糖質が血糖値を上げるスピードを測定して数値化したもので、GI値が高い食品ほど血糖値が上がりやすく、低い食品ほど上がりにくいのです。

引用:http://www.tn-hp.com/home.htm

食べ物には、血糖値が上がりやすいものと上がりにくいものがあるということです。

血糖値の急激な上昇を防ぐためには、このGI値の低い食品を選んで摂ることが大切です。 

GI値の高いおもな食品

  • 主食類(白米、パン、うどん)
  • 野菜・いも類(じゃがいも、にんじん、かぼちゃ)
  • くだもの(パイナップル、すいか)
  • お菓子(チョコレート、ドーナツ、ケーキ、ポテトチップス)

GI値の低いおもな食品

  • 主食類(春雨)
  • 野菜・いも類(こんにゃく、ねぎ類、大根、ほうれん草)
  • くだもの(りんご、レモン、みかん、いちご)
  • 飲料(コーヒー、紅茶、緑茶)

主食類の炭水化物やお菓子などが、血糖値を上げる原因になってしまうということが、一目瞭然ですね。

 

食べる順番で血糖値の上昇を抑える

分かっていても、GI値の高い食品を食べたい時もありますね。そんな時には、血糖値を上げにくい食材から摂ることで、血糖値の上昇を抑えることができます。

"食べる順番ダイエット"というダイエット法が、一時期ブームとなりましたね。このダイエット法が、中性脂肪を減らすことにも有用なのです。

食べる順番

  1. 野菜やきのこ類、海藻類
  2. 味噌汁やスープ
  3. 肉や魚などのメイン料理
  4. ご飯などの主食

考えてみると、コース料理などもこのような順番で出てきます。理にかなっているということになりますね。

このGI値が低いものから食べることによって、血糖値の上昇をゆるやかにすることができるのです。